2007年06月08日

マタニティータッチのクラス

今日の話題は、日本の住宅事情の変化と、子育て環境の変化、食生活の変化と危機
昔の日本家屋は個室がなく大勢で住んでいたので、言葉によるコミュニケーションより、気配を察したり、相手のことを察する文化だったと思う。男は寡黙が格好がよかったし、おしゃべりは嫌われた。物を言わなくても、相手の気持ちがわかり、相手の気持ちに沿って振舞うことが美徳で、言葉で自分の気持ちを言うことはあまりなかった。ところが戦後からの高度成長期に、団地ができて、個室ができ、子供部屋ができ、それから、居間のテレビが個人の部屋に移り、パソコン、携帯電話の発達と、だんだん家の中でも個人個人が別々に行動するようになった。言葉によるコミュニケーションは発達しないまま、個人が別々に行動し始めると、人と人との係わりの持ち方がわからない子供たちが育っている。

小学生がおかしい、でもその親ももっと変だ。いちばんおかしいのは私たちおばあちゃん世代かもしれない。

日本人は自分の考えがなくて、みんながそうしているから という価値基準で動いていると、よく外国のジョークで言われていたが、今はみんながどうしているかもも考えなくなってしまっているかもしれない。

食生活も危なすぎる。まな板や包丁のない家があると聞いたことがあったが、どうも本当らしい。知り合いにもいた。

食べ物や栄養の知識のない人が多すぎる。うちの学校で学んだ人は、少しずつでも、周りの人を啓蒙してほしいと思う。

実習でお灸をした。三陰交へのつぼ灸は簡単にできるので、みんなも気軽にやってもらいたいと思う。安産のつぼですよ。
posted by アキコ at 23:23| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | マタニティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

妊娠中の生活と不妊

不妊で悩んでいる人には、とてもまじめな人が多い。何でもキチンとしたり、計画を立てたり、何でも一生懸命な人が多く、そしてストレスから来る生理不順に悩んでいるがとても多い。

妊娠中の生活で一番大切なことは、ぼけること。骨盤が開いていくと、頭蓋骨も広がっていって、自然にぼけてくる。これを受け入れることがとても大切だ。
本を読んだり、計画や予定を立てることが苦手になる。それがいいことである。
でも一生懸命、マタニティーヨガをしたり、一生懸命マタニテイースイミングをしたり、一生懸命散歩をしたりする。予定をたてて。

私達が散歩を進めるのは、ほんやりして欲しいからだ。

不妊で悩んでいる人に、妊婦のような生活を薦めることがある。一生懸命不妊治療をするより、ぼんやりした方がうまくいくことも多い。


posted by アキコ at 22:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マタニティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。