2006年06月01日

卒業式

今日は茗荷谷周2クラスの卒業式だった。たまたま4人の小さなクラスだったので、卒論発表もゆっくりできて、みんなで色々話すことができた。その中で、和のハーブという卒論があり、どくだみや、雪ノ下の思い出が書いてあった。私のうちでもこの二つとびわの葉は子育て中に欠かせないハーブだった。子供が風邪をひいて、のどが痛いときはユキノシタをすりこ木で吸って、その青汁に蜂蜜を入れて飲ませた。普段から、甘いものを食べさせていなかったので、よく子供はのどが痛いみたいといって、自分で青汁を作って、蜂蜜を入れてくれと頼んできたものだった。中耳炎の時に耳に入れたり、乳首の傷に裏の薄皮をはいで、貼り付けたりしたものだった。どくだみ茶もよく飲ませたし、生の葉をきざんでサラダに入れたりした。虚弱児には木の葉を生でたべさせると良いと聞いていたので、やったが、評判は悪かった。びわの葉はいつもびわの葉を煎じてできる、真っ赤なお茶を、飲んだり、お風呂に入れたり、夏は、たらいに入れてそこで遊ばせていた。アトピーの皮膚にとても良い。三つ葉は生理に良いので、生理のときにはたくさん食べるようにしていた。ちょっと懐かしくで思い出した。
今の私の庭には、びわの葉も、どくだみも、雪ノ下も三つ葉もあるのに、あまり使っていない。また使ってみよう。



posted by アキコ at 22:44| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は北海道に住んでいるのに、あまり野草のことを知らなくて、自分で取ったことはありませんでした。
最近、少し覚えて、ミツバを摘んで食べたり、蓬を天ぷらやお団子にしたり、エキスを作ったり、余った葉をお風呂に入れたり、スギナをお茶代わりに飲んだりしています。

雑草と思っていたものが、実はすごく人間にとってありがたいものだということに気づき、自然のすごさに改めて感謝です。
Posted by あんざい けいこ at 2006年06月02日 08:50
びわの葉をせんじたものがアトピーに効く、ということで知りたいのですが、どれくらいの分量を何分くらい煎じればいいのでしょうか?知り合いのお子さん、(生後11ヶ月)がアトピーと診断されたので、教えてあげたいと思います。「身近な食べ物による手当て法」という本で一応調べたら、薬用アルコールにびわの葉をつけてエキスを作る、と載っていたのですが、赤ちゃんに薬用アルコールはきつくないのかしら?と思ったので宮川先生にお尋ねしました。
Posted by 美和 at 2006年06月02日 22:17
全て適当です。びわの葉は硬くて古い葉っぱのほうがいいです。土鍋にいっぱい入れて、水をひたひたにいれ、ぐつぐつ煮て、半分くらいになるまで似ると、赤い液体になります。これを沐浴に使います。おなべ一杯2リットルくらいを赤ちゃんの沐浴用のたらいに入れて、お湯で薄めます。濃いほうがいいかもしれませんが、このくらいでいいでしょう。生の葉でも乾かしたものでもいいです。一番いいのは夏の後、お日様をいっぱい浴びた葉っぱがいいということですが、私は一年中使います。飲んでも癖はなく、美味しいですよ。
Posted by at 2006年06月02日 22:46
続き この赤い液体をスプレーしてもいいです。
Posted by at 2006年06月02日 22:47
適当というより、勘、が大事ってことでしょうか。先生、教えていただいてどうもありがとうございました。
Posted by 美和 at 2006年06月03日 07:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。