2006年05月30日

香りと色彩体験

アロマセラピストクラスで香りと色彩体験の授業をした。いつもは黄色と青を体験した後、自由に3色を使っての授業だったが、今日は、黄色と赤の体験をしてから3色の体験をした。黄色の香りでは、フランキンセンスを使った人が多くいた。勿論いつものとおり柑橘系の香りを選ぶ人もいたが、それもフランキンセンスをブレンドした人が多かった。また赤は、水の分量が多いとピンクになる。ピンクと赤といった感じだった。これはローズやゼラニウム、イランイランなどが多かった。チャクラでいうと黄色は太陽神経層、フランキンセンスのルーラーは太陽。光のイメージでの黄色、柑橘系も太陽のイメージ。チャクラでの赤は生殖器。生殖器に良い香りが目立った。今日は初めに色のイメージや、創世記の話をせずに直接色のイメージだけで香りを選んだ結果こういった結果が出て面白かった。

午前中は、ドレミファソラシドの音叉を治療に使ってみた。音によって体も反応する。

その後飛行機で小松空港へ。今日は無事に着くことが出来た。
posted by アキコ at 22:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18621981
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。