2006年01月14日

一日治療 占星学の授業

月曜日治療と授業、火曜日会議と治療そしてそのの夜金沢に行き、水曜日金沢で授業 木曜日お休みでそのまま京都へ、金曜日授業を受けたり、授業をしたりして、その他もろもろあって、金曜日深夜帰宅。土曜日は一日治療、日曜日も治療といった感じで一週間が終わる。そして今日は4時40分まで治療をして5時から7時まで占星学の授業。今日は土星の最初の日。初めて占星学をする人もいるので、基本的なことも説明しながら、土星の話。土星は現世で生きていて到達する最後の形。境界線を表す。皮膚も私たちの体の境界線だから、土星的だ。土星で、その人の皮膚の状態がわかる。今回はそのアプローチまでいけなかったが、次回は土星で肌診断をしよう。月と土星で肌がはっきりするかも。
posted by アキコ at 22:23| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 授業の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日も占星術の授業、とても楽しかったです。私はもっと小さいときから自分のホロスコープを知っていたり、土星の位置を知っていたら良かったなーと思いました。だからこれから自分の子供達のホロスコープは注意して見ていってあげたいです。うっ、来週は肌診断ですか、なんだか知るのがこわいような気がしますがよろしくお願いします。
Posted by 太田美和 at 2006年01月14日 23:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。