2013年04月26日

津田塾大学での講演会

津田塾大学の公開講座 総合
今年は みちを探して あなたはどう生きる というテーマで、そこでお話をする機会をいただきました。
最初のお申し出のお便りから素晴らしい内容でした。
メールを引用します。
「総合」とは、学生のボランティア・スタッフが企画・運営し、毎週多様な方面
で活躍されている方々を講演者としてお招きして講義をおこなうという授業です。
毎年、現代社会と関係の深いテーマを掲げ、各界でご活躍の方にご講演いただいて
います。また、講座の企画・運営は有志の学生スタッフが中心となって行っています。

年度のテーマは<“みち”を探して〜あなたはどう生きる?〜>
です。また、公開講座でもあるため、毎回学外からも多くの市民が熱心に聴講に訪
れております。


以下、今年の「総合」の授業案内から抜粋します。

「私たち一人ひとりは、それぞれが自分の生きる「道」を模索しながら学び考え
続けているわけですが、学問的な「未知」の探究も、そのような私たちの「道」
の探求と確かに通底している筈です。「多様な個性・価値観・生き方が尊重され
る時代」と言われている今、私たちはどのように「みち」を探して行けばよいの
でしょうか。」

ご自身の道をどのように歩み、これまで何を考えてきて、いま何を志しているか、
私たちは日々をどう生きていくべきなのか、など宮川様の思うことをお話していただければと思います。
公開講座のため一般市民(主に近郊にお住まいのご年配の方々)も多く来られま
すが、授業としては1・2年生が履修する割合が高いので、宮川様がこれから社会に出たり、これから結婚して子供を産む世代の私たちに伝えたいことがありましたらお話をしていただけると幸いです。学生たちにとって自分の将来をを考える良いヒントになると思います。
また女子大ということもあり、自分の体、自然と向き合うことについてもお聞きできればと思います。

こんな素敵なお便りをいただいて、こちらの方こそ心温まり、お話させていただいて光栄でした。そして当日何人もの生徒さんがお迎えに来ていただき、ランチをいただきながら少しお話をしてから、大きな階段の特別教室でお話をさせていただきました。
中身は 女性ホルモンのリズムと女性の人生について。
キャリアを積んでから子供を産むという考え方がある一方で、高齢出産や、心や身体を病んでいる女性が増えている中、自分はどう生きるのかを真剣に考えてほしい、他人の価値観ではなく自分のやりたいことをしっかり見つめてほしいというつもりでお話しました。
新緑の眩しい気持ちのいい日で本当に多くの生徒さん達に出会えました。真剣に学び、考えている若いエネルギーに出会えて私も幸せになれた一日でした。
posted by アキコ at 14:43| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。